食の欧米化がもたらしたもの

日本人の食事は米を中心に野菜や水産物、大豆などを中心としていました。
しかし戦後、穀類中心から欧米人のように肉類中心の高エネルギー、高脂質のものへとかわってきました。
これは食の欧米化といわれ、このことでさまざまな変化が現れ始めました。
腸内バランスが崩れることによって便秘などで悩む人が増えています。
今までにはあまり見られなかった大腸がん、乳がん、前立腺がんなど欧米に多いがんが増加しています。
さらに動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の発症が増え、生活習慣病で悩む人も増加しています。
特に大腸がんに関しては、日本人の腸の長さは欧米人よりも長いことが大腸がんを引き起こしている原因の1つとも言われています。
このように欧米人との体格の人種差があり、欧米化は日本人にとって体に負担をかけてしまう可能性は否めません。
伝統的な日本式食生活は栄養面からみて炭水化物や脂質、タンパク質のバランスが取れて生活習慣病の予防に役立つと世界でも注目されています。
もう一度、このことを思い出し、考え直すいい機会ではないかと思われます。